受注会のお知らせ【カフェ レストランのうつわ_2020】 : 新着ニュース

[ PC版TOP ]

受注会のお知らせ【カフェ レストランのうつわ_2020】

2020/10/31

<画像>

毎年恒例の飲食店様向けの受注会を今年も開催いたします。
北海道も今年のこのコロナ渦で、警戒レベルが2に引き上げられましたが
この展示会は例年通り2週間のゆったり期間をもうけております。
商品は入れ替え制ではありませんので、展示商品は変わりません。
(一部入荷が遅れるくらい)
皆さまのタイミングでお時間がある時にゆっくりといらしてください。

又、今年は購入考えてないという方も気軽にどうぞ。
※行政の対応によって入場方法のお願いをする場合があります。
その時は改めてご案内します

今年のテーマとしては、9月に視察に訪れた「有田」
10件ほどの、窯元や作家さんの所へ「うつわ巡り」をしてきました。
二泊三日の旅、「この状況下でどうか」と思いながらも。
そもそものきっかけは
毎年秋口に開催されている、東京の見本市が中止になり、
どうしようかと考えた結果の「GO TO・・・」

400年の歴史の風を体いっぱいに受けながら、
そして、夜は九州の食材を堪能し(お酒も・・・)、
又、うつわばかり見すぎて、就寝中はずっと夢の中でも、うつわを見ていたこと。

ブランドから生み出されるうつわのカタチやテクスチャー
様々な段階を経て生み出されたエピソードは興味深いものばかりでした。
「伝統と革新」の繰り返し。
後継者不足など縮小傾向にはあるものの、人の心を揺さぶりながら、
素材と向き合いながら
脈々と受け継がれていく。
再認識できた旅でした。

前置きが長くなりましたが

今回出会った有田のうつわが
130点ほど並びます。

そして、今回イメージ画像で使用させて頂いた、ターメリック色のお皿。
フランスのブランド「REVOL」(レヴォル)
有田と同じように、陶石の産地ということから
1768年、リヨン南部ドローム県で設立されました。
ミシュランの星付きのレストランがいくつもある、美食の町だそうです。
いつか行ってみたいですね。

「REVOL」はレストランウェア業界では以前より日本より流通していましたが
この「キャレクテール」というシリーズ。
建築家ノエ・デュショフール・ローランスとの
コラボレーションによるものです。
ミント、ナツメグ、シナモンなど温かみあるスパイスカラー


は見ていて楽しく、オーブンやサラマンダーにも対応するなど機能性にも優れています。
各色、各サイズ見て取れます

その他
毎年登場する美濃焼もいつも通りに。

そして、店主が最近気に入っているワイングラスブランドを全ラインを展示します。
扱いを始めて一年ほどですが、飲食店様の反応も非常に良く、
そこでお食事をされたお客様が「これどこで買ったの?」
と興味を持ち、弊店にグラスを買いに来てくださるケースも増えてきました。
ハンガリーのグラスウェアブランド「HTT」(エイチ・ティ・ティ)
ハンドメイドながら価格も手に取りやすい。
まだまだ馴染みの薄いブランドかもしれませんが、
これを機会に是非手に触れて頂きたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 カフェ・レストランのうつわ_2020
  会期:11月9日(月)〜11月24日(火)
     11・00〜18:00
     ※15日22日(日)は、事前予約制で承ります。
   (ご連絡お待ちしております)
  場所:和田硝子器店
     札幌市中央区南1条西12丁目4−182ASビル2F
     ビル正面左側よりお入りください
     駐車場はありませんので最寄のコインパーキングなど
     ご利用ください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飲食店様向けに業務用価格で対応しております。(一部除きます)
又、一般の方に小売販売をしております。


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 和田硝子器店
powered by WebBoard