ツヴィーゼルクリスタルグラス社のオーナーのインタビューが雑誌に掲載されました : 新着ニュース

[ PC版TOP ]

ツヴィーゼルクリスタルグラス社のオーナーのインタビューが雑誌に掲載されました

2015/01/09

<画像>

先月末に発売されたクルマ専門の月刊誌「ENGIN」(エンジン)

<ツヴィーゼル・エンジン表紙>

ツヴィーゼルクリスタルガラス社オーナー アンドレアス・ブスケ氏のインタビューが掲載されています。
ツヴィーゼルは工業製品が主要産業のドイツのメーカーです。

私がツヴィーゼルが好きな理由のいくつか・・

クラシックカメラでも有名なライカや、BMWやメルセデスなど、古い歴史の中に脈々と守り続けられている”らしさ”を持つプロダクトに今も尚注目せずにはいられません。
機能性を持ちながらもデザインに長けている。私がツヴィーゼルに注目し続けるのはそういった確固とした”らしさ”が好きなのかもしれません。

又、現在はツヴィーゼルジャパンという日本法人が設立されてますが
20年前は日本のクリスタルメーカー「HOYA」(今はクリスタルガラス部門は終了しています。)がツヴィーゼルのワイングラスを扱っていたということから
私にとっては馴染みがあり安心出来るブランドという印象があったからです。

そして、ワイングラスの豊富さは勿論、フラワーベースやカクテルグラスなどのバー用品、ビアグラスなどもあり用途に応じ、色んな場面で使って頂けそうです。

<ツヴィーエル エンジン3>


画像の商品は一昨年発売されたハンドメイドの「ワインクラシックス」シリーズ。
世界で認められているブドウの品種ごとに展開しています。
高くカーブした口元と広いボウル底部により、ワインの芳醇なアロマをしっかりと感じ取ることができます。

当店では「ボルドー」「ピノノワール」「シャルドネ」「シャンパーニュ」などが展示販売しています。


<ツヴィーゼル ワインクラシックス2>

インタビュー記事の最後の方に
「ワイングラスは中に入れる液体が入って初めて完成します。だからこそわが社は、それぞれのワインの実力を引き出すための、多種多様なグラスを作り続けている。
そのモノづくりは、職人たちの深い知識と最新の技術力をなくして成しえない。」と


〜うつわはお料理を盛り付けられて初めて完成する〜

ワイングラスに限らずうつわにも言えることですね。


[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 和田硝子器店
powered by WebBoard