6日から開催する【カトラリー展】・一部ブランド紹介 : 新着ニュース

[ PC版TOP ]

6日から開催する【カトラリー展】・一部ブランド紹介

2018/01/03

<画像>

年明け早々の6日から、市内インテリアショップ「イル・ドーノ札幌店」様で
開催する【カトラリー展】のプロデュースをさせていただいております。

ただいま、自店舗で事前準備中。
準備しながらなので、今回すべてご紹介できませんが

2つの、ブランドを紹介をしたいと思います。
<画像>
デンマークのカトラリーブランド 【KAY BOJESEN】(カイ ボイスン)
デンマーク王室御用達で、北欧をはじめ世界各国で愛されているブランドです。
北欧のインテリアに興味がある方はご存知の方も多いと思います。


<画像>
今回シリーズ全ての商品をご覧頂けます。
ディナーサイズやデザートサイズのナイフ、フォーク類をはじめ、ケーキフォークやティースプーン等良く使われる用途やサイズの他
ロブスターフォーク(カニ用にお勧め)やオイスターフォーク、ミートフォークなどなど
25種類程度が一同に並びます。

カトラリーを選ぶ基準のひとつとして、重さも重要なポイント。
是非、手に取ってご覧ください。

<画像>
小さいお子様用に、ベビーサイズのカトラリーもご用意しております。


そして、カイ・ボイスンのステンレス製のカトラリーは、新潟県燕市にある金属メーカー「大泉物産」社が製造しております。
どういった経緯でそうなったのかは、(とっても心が温まるエピソードです。)作品展の中でご紹介しております。


又、今回大泉物産様の全面的な協力で、製造工程のパネル展示もしております。
 

そして、もう一つ
<画像>

【Jean Dubost LAGUIOLE】(ジャン・デュボ ライオール)
製品にも付いている蜂(マルハナバチ)は製造されている地域の象徴。
<画像>
カラーバリエーションも豊富なのが、このブランドの特徴ですが、機能性も抜群で、
今回用意するステーキナイフも切れ味には定評があります。

<画像>
ちょっとした業界話・・・こちらのブランドの正規輸入元の「ザッカワークス」社。
当初は、一般小売店向けに展開してましたが、レストラン用でもここ最近使われるケースが多くなりました。
年数回東京で開催される、業界向けの大きな展示会。数年前までは、一般小売店向け対象の展示会のみの
出展でしたが、昨年頃よりホテル・レストラン向けの展示会にも出店しています。
プロも認めるブランドとして、更に需要が高くなりそうです。

画像のアイテムの他、チーズ用ナイフや、木柄のステーキナイフも登場します。

以上、今回は2ブランドのみのご紹介ですが、まだまだ個性あふれる国内外のブランドが
並びます。

大泉物産様を始め、今回様々なメーカー・商社様のご協力のもと実現した催しです。

ー【カトラリー展】ー

日時:2018年1月6日(土)ー1月14日(日)
   Open 11:00〜18:00
    ※9日(火)は定休日・最終日は17:00終了
場所:家具と贈り物、自然なワイン イル・ドーノ札幌店
   〒005−0030 札幌市南区南30条西8丁目5番
   TEL011−582−8683

参加ブランド

 カイ・ボイスン(デンマーク)
 クチポール(ポルトガル)
 ゲンセ(スゥエーデン)
 シャトーラギオール(フランス)
 ジャンデュボ・ライヨール(フランス)
 ジャンデュボ・ティエール(フランス)
 ペルスバル(フランス)
 ベロ・イノックス(ポルトガル)
 輪島キリモト(石川県)
 その他・・・

各ブランドナイフフォーク等のカトラリーやカトラリーレスト、輪島塗の箸や箸置き、
ソムリエナイフ等のワイングッズが並びます。

※ 当店でも定番で展示しておりますが、
  今回はアイテムやカラーバリエーション等
  豊富に取り揃えております。




[ →PC版ページはこちら ]

 
コメント ( 0 )

トップ | 一覧へ戻る | PC版
Copyright © 和田硝子器店
powered by WebBoard